07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
カレーライス

 

昨日は、カレーライスを拵えました。

 

自分で出来る料理では、カレーライスだけがマトモ。

 

と、思っています。

 

 

 

 

 

 

具材。

 

ジャワカレー辛口が好きです。

 

玉ねぎとジャガイモの皮を剥くのが、いつも面倒です。

 

あ、ウチは家内が肉食べられないので

 

いつもシーフードカレーです。

 

 

 

 

 

玉ねぎとジャガイモとニンジンを炒めてから煮込み

 

何回も何回もアクだしをした後

 

シーフードミックスを入れて又煮込む。

 

そんで又、何回も何回もアクだしをしながら煮込む。

 

 

 

 

 

煮込んでる間は・・・

 

子供の頃から使ってる、この椅子に座って鍋の番。

 

 

 

 

 

一度火を止めカレールーを入れてから

 

さらに1時間ほど、弱火でコトコト煮込みます。

 

んで、マッシュルームとミックスビーンズを入れ

 

最後に赤ワインと秘密の隠し味を加えて5分ほど煮ると

 

はい出来上がりです。

 

 

 

 

 

う〜ん、今回も上手に出来たな〜。

 

 

カレーライス大好きです。

 

 

 

 

 

吉田 | - | 08:20 | comments(0) | - | pookmark |
想くん退院♪

 

 

 

 

想くんで〜す。

 

 

先月、ついに退院したもんね。

 

まだ、呼吸器つけてるけど元気だもんね。

 

兄貴たちに会えてよかったもんね。

 

爺ちゃんもちょうどいたもんね。

 

みんなに抱かれて嬉しいわ〜。

 

やっぱ、病院より家の方が楽しいわ〜。

 

これから逞しく育ってやるもんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

家族が増えるってありがたい♪

 

 

 

 

 

 

 

 

吉田 | - | 16:01 | comments(2) | - | pookmark |
休業のお知らせ

 

誠に勝手ながら

 

本日午後より、6月28日(日曜日)まで休業させて頂きます。

 

何卒ご容赦の程よろしくお願いします。

 

 

 

 

ウッシッシ♪

 

 

 

 

 

吉田 | - | 09:18 | comments(0) | - | pookmark |
拡散したい隠さない話

 

下記リンク先の記事を読んで欲しい。

 

http://www.aynrand2001japan.com/index1.html

 

の、 藤森かよこの日々雑感ブログ 2020年6月23日の

[439]河井克行・安里夫妻逮捕は日本司法界のクーデター!?

 

 

https://www.kk-bestsellers.com/photolink/?param=541614/

 

「日本はデジタル先進国」は幻想だった!コロナ危機後の「第四次産業革命」とは

 

 

 

藤森かよこせんせいや田中宇せんせいや副島隆彦せんせいの

 

情報やご意見をいつも色々参考にさせていただいてます。

 

「コロナ怖い病」で奴隷化家畜化されるのが嫌なので

 

この頃は、ひとにも読んで欲しいと思ったりもします。

 

奴隷化家畜化されるのが嫌じゃない人を

 

どうこう言おうとは思いません。

 

動物園の動物にだって幸せはあるでしょうし。

 

ただ、戦争だけは絶対嫌です。

 

 

 

 

 

しかし・・・

 

ジョコビッチもやられたな。

 

彼らを甘く見たら行かんよ。

 

 

 

 

 

吉田 | - | 09:15 | comments(0) | - | pookmark |
紫陽花♪

 

 

 

 

紫陽花が咲く頃となりましたが

 

孫たちも元気なようです。

 

 

 

 

 

 

昨日から、県を跨ぐ移動をしても良いよ。

 

ということになったらしいので

 

ぜひ、孫たちに会いに行きたい。

 

 

 

 

 

 

 

想君も、来週退院できることになったそう。

 

これは、絶対行かないと・・・。

 

 

爺ちゃんは、何だかソワソワしてしまうのでした。

 

 

 

 

 

 

吉田 | - | 10:02 | comments(0) | - | pookmark |
農場で働いてわかった事

新型コロナのせいで来客が減り

 

癒し処 CCZが営業出来なくなって

 

ただでさえ少ない収入がどん減りした頃

 

都合よく、農場でアルバイト出来ることになり

 

今も早朝、野菜の収穫の仕事をせっせとやっている。

 

 

 

そもそも・・・

 

自分の飯は自分で作ることが出来る人間になりたい

 

と、思っていたので

 

農場での仕事は勉強になるし、楽しい。

 

朝、3時半には起きて、5時前にはハウスの中にいる。

 

だから、夜は8時前には寝てますな。

 

 

 

来客も少しづつ戻って来て

 

癒し処CCZも営業を再開しましたが

 

収穫がある日は、5時から7時までそうやってバイトしてる。

 

この前、バイト料を現金で貰って嬉しかったわ〜。

 

雇ってくださった経営者の方はもちろん

 

指導してくれる方々や共に働いている皆様に

 

非常に感謝しております。

 

 

 

んで、農場で働いてみて

 

もんの凄くわかった事がある。

 

 

 

それは・・・

 

せっかく収穫した野菜のとても沢山の部分が

 

廃棄されてしまうのだという事。

 

絶対に何の問題もなく食べられるはずのものが

 

市場で商品にならないからという理由で

 

廃棄されてしまうのだという事。

 

 

 

規格サイズではない

 

形が悪い

 

虫に食われている

 

そういう理由で、商品にはならない野菜たちは

 

廃棄されてしまう。

 

いや、もったいない。

 

商品になれない野菜たちは持ち帰っても良いことになっているので

 

もったいないから持ち帰るようにはしているけど

 

持ち帰ってもどうにも出来んほどの量があるので

 

持ち帰れないことの方が圧倒的に多い。

 

いや、もったいない。

 

 

 

私が子供の頃には

 

農家のおばちゃんがリアカー引いて

 

路地もんの野菜を売りに歩いてました。

 

スーパーマーケットというものがない時代の話で

 

あの頃は、形やら大きさやら虫食いやらを気にせず

 

よっぽど食べられないもの以外は廃棄なんて絶対しなかったはず。

 

近所の八百屋さんにも、今は廃棄してるような野菜が

 

沢山並んでいたはずです。

 

いや、もったいない。

 

 

 

食品ロスの問題は根深いです。

 

消費者側にとっても生産者側にとっても

 

何とかしたい問題ではあるんでしょうが

 

難しい。

 

 

 

でもやっぱり、消費者側がまず意識を変えないと駄目だと思う。

 

農産物は自然のものだから・・・

 

見た目が悪いからといって、悪いもの扱いしないで欲しい。

 

綺麗なパッケージに収まるものだけが商品ではないと知って欲しい。

 

虫食い=健康被害ではないと知って欲しい。

 

そうでないと、いやほんとにもったいない。

 

 

そんなことを考えながら

 

今朝も小松菜の葉をポイポイ捨てていたのだな〜。

 

あ〜、もったいない。

 

 

 

 

 

 

吉田 | - | 10:32 | comments(0) | - | pookmark |
雨鱒の川

 

泣くと気持ちいんよね。

 

本読んだり、映画観たりして。

 

 

 

 

 

 

これ観て泣いたわ〜。

 

1:28:50 あたりから最後まで

 

もう、ボロッボロ涙が止まらなかった。

 

こういう話には弱いんやわ。

 

 

 

 

 

吉田 | - | 15:06 | comments(0) | - | pookmark |
春の里山 その2:激闘!動山(ゆるぎ山)

これは、5月1日金曜日の話。

 

 

あ、そういえばタイトルを春の里山としたけど・・・

 

5月は春とはいわないな。

 

うん? 4月もか?

 

でも、山によってはまだ木の芽も出てないところもあるんで

 

そこんとこ適当にアレしといてよかんべ。

 

 

で、今回は小松市の大杉町にある動山(ゆるぎやま)に初挑戦した話。

 

 

 

大杉町といえば・・・・

 

あそこやな。

 

 

 

 

荒俣峡近くにある赤瀬ダム自由の広場。

 

 

 

 

去年も、この広場にある河原で太一や康ちゃんと遊びました。

 

 

そこから車でほんの少し福井方向へ進むと

 

右手にゆるぎ荘って蕎麦屋さんがあって

 

そのすぐ先に立つ白山神社の奥が登山口になっている。

 

 

 

 

 

神社の手前にちゃんと登山者用の駐車場があって

 

そこに車を止めたのが午前9時頃。

 

今回は、なんてったって初挑戦の山なんで

 

「初めての山頂到達時はいつも山頂独占状態」でありたい。

 

ので、早めのスタートとなりました。

 

ちなみに「初めての山頂到達時はいつも山頂独占状態」は・・・

 

大嵐山・奥獅子吼山・大倉岳・高野山(たかの山)・揚原山

清水山・蓮如山・鷹落山の八つ。

 

今回はこの記録を是非とも伸ばしたい。

 

 

 

 

 

先ずは、駐車場から神社に向かって歩き出す。

 

この神社の裏手に登山口に続く道があって

 

しばらく歩くと・・・

 

 

 

 

 

弘法水ていう水汲み場にたどり着く。

 

そのすぐ前に登山口があります。

 

 

 

 

 

よ〜し、駐車場にも水汲み場にも一台も車が止まってなかったし

 

今回も山頂独占目指して頑張って登るぞ〜!!

 

登山道スタートが9時25分。

 

 

 

 

 

この登山道は実に野趣溢れております。

 

そもそもこの山自体が岩だらけつうか

 

どこもかしこもゴツゴツゴツゴツしてる感じ。

 

 

 

 

 

従って、木とかゴム状の階段とかがない。

 

勾配がきつい場所には、道の横にロープが張ってあって

 

それにしがみつきながら、むき出しの岩を蹴って登る。

 

う〜む、これはなんだか野性的だわ〜。

 

登りがいがあるわ〜。

 

楽しいわ〜。

 

けど、きついわ〜。

 

本当にきついわ〜。

 

と・・・

 

 登り始めて 15分ほどで、かなりゼイゼイする。

 

4日続けて山登りしてるし、その疲れもあるんかな?

 

 

 

 

 

時々目に入る花に心を癒されながら登る。

 

 

しかし、心は癒されても体はきつい。

 

ゼイゼイ、ハァハァしながら登る。

 

 いやホントきついんで、 30歩進んだら20秒休むてな歩みの遅さ。

 

しかも、とにかくきつい勾配がず〜と続く。

 

それでもとにかく登り続ける。

 

ヨイショコラショ、ヨイショコラショ。

 

 

 

 

 

ゴツゴツゴツゴツした道を

 

ヨイショコラショと登り続けてたら・・・

 

下の方に人の気配を感じた。

 

熊鈴の音じゃなくて

 

人が、ゴツゴツした岩を蹴ったり踏みしめたりして近づいて来る音が聞こえた。

 

足を止めてゼイゼイハァハァしてる時にそっと下を見ると・・・

 

眼下に人の頭が見えた。距離でいうと100メートル下くらいか。

 

あ〜!すごい勢いで登って来るぅ。

 

いかにも強者風の登山者だわ。

 

お〜、これは間違いなく手練れだな。

 

年も私なんかよりずっとずっと若そうだし。

 

う〜、まずいな。

 

抜かれたら「初めての山頂到達時はいつも山頂独占状態」が今回でおじゃんだわ。

 

よ〜し、こりゃ休み休み登ってる場合じゃないわ。

 

頑張って何としてもこの差を縮めないように登るぞ〜。

 

この激レースに負けてたまるか〜。

 

って、そこから必死で歩を止めずに登り続けたけど・・・

 

手練れ強者の勢いが凄い。

 

物音がどんどん近づいて来る。

 

あ〜、こりゃぁダメだな抜かれるな。

 

これ以上頑張って心臓壊れたらまずいし

 

抜いてもらうしかないなぁ。

 

と、「初めての山頂到達時はいつも山頂独占状態」諦めようとした時

 

 

 

 

 

巨石があるポイントに来ていた。

 

情報によりますと、動山登山者の多くはこの巨石に登って

 

彼方の景色を堪能するのだそう。

 

じゃ、どうせ抜かれるしこの巨石によじ登っちゃおかな。

 

と、近付く。

 

 

 

 

すると

 

巨石の登り口と思しきあたりが、先へ抜けられるようになってたので

 

そこを抜けてみた。

 

トンネルにはなってないけど、切通しみたいな感じで素敵。

 

なぜかその先へ足を運んでみた。

 

けど、途中で道がなくなってたんで引き戻す。

 

 

そしたらさぁ

 

下からの手練れ強者の追っ手が

 

ちょうど巨石に登ろうとしてた。

 

「あ、こんにちわ〜。」

 

て、挨拶し交わしてボカァ何事もなかったようにルートに復帰。

 

や、やった!

 

追っ手はどうやら巨石の上で彼方の景色を堪能する様子。

 

よ〜し、この隙に「初めての山頂到達時はいつも山頂独占状態」を獲得だ〜!

 

そっから、もう必死で頂上目指してまっしぐら。

 

 

 

 

 

情報によりますと「観音岩」と呼ばれるでっかい岩の下を抜け

 

ひたすら山頂目指し、ゼイゼイハァハァ。

 

 

 

 

 

動山山頂  200m て書いてある標識があった。

 

もうすぐや。

 

頑張れ頑張れ、追っ手はやって来ないぞ。

 

このまま行けば、今回も「初めての山頂到達時はいつも山頂独占状態」ゲットだぞ〜!

 

 

 

 

 

ヨイショコラショ、ヨイショコラショ。

 

頑張れ頑張れ〜!

 

 

 

 

 

お〜、山頂見えてきたーっ。

 

やった、やったーっ。

 

 

 

 

 

 

 

 

勝利〜っ!

 

って、誰も勝負してないって。

 

 

 

 

 

 

 

登山道スタートからちょうど1時間。

 

んで、しばし山頂を堪能。

 

 

 

 

 

白山方面は雲がかかってて綺麗には見えませんでした。

 

昨日、大嵐山であんな綺麗な白山見たし、まっいいっかぁ。

 

この動山は、3日前に登った鷹落山と尾根続きになっていて

 

その辺りも見えました。

 

 

 

しばらくしたら、追っ手の彼がやってきました。

 

全然ゼイゼイハァハァしてませんでした。

 

ちょっとだけ話したけど、すごく感じの良い若者でした。

 

 

 

 

 

 

追っ手の彼と写真の撮りっこしたよ〜。

 

 

 

 

 

山頂で自分で拵えてきたサンドイッチとグミを食べました。

 

追っ手の彼は、手慣れた感じでガスコンンロでなんか作って食べてました。

 

15分ほど後から、もう一人登山の人がやってきました。

 

 

 

しかし、山の頂きにいるのってどうしてこんなに気持ちいいのでしょ。

 

下界を見下ろしてると、コロナ騒ぎとか嘘のようです。

 

そんなもん、関係ねぇわって気分になってしまいます。

 

 

まっ、そいで、先に下山させて貰うことに。

 

 

 

 

 

下山途中、例の巨石に登ってみました。

 

 

 

 

 

なんだか、怖いわぁ。

 

 

 

 

 

うぉ〜、怖ぇ〜。

 

怖ぇけど、雄大な眺めが〜。

 

 

 

 

下に見えるのは、どこの山かな?

 

林道みたいなのが随分高い処まで通ってるな。

 

 

 

 

 

巨石の上で自撮り。

 

 

無事下山したのが 12時ちょっと前でした。

 

 

あ〜、面白かった。

 

激レースにも負けなかったし、満足満足。

 

弘法水でペットボトルに水を汲んで帰り

 

バーボンの水割り飲んだら凄ぇ美味しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

後日写真を整理してたら、追っ手の彼が写ってたの発見。

 

写真の真ん中の帽子かぶってるのがその彼です。

 

なんだか、懐かしかった。

 

また、どこかの山で出会えるといいな。

 

 

 

 

 

 

 

吉田 | - | 10:42 | comments(0) | - | pookmark |
春の里山 その1:鷹落山&大嵐山 with嫁の2

 前回の続き、4月30日木曜日の話。

 

 

前日、果たせなかった登頂を目指し

 

仕事がなくなった嫁と二人で2日連チャンでやって来た大嵐山。

 

 

 

 

 

前日とは打って変わって駐車場ガラガラでした〜。

 

天気は、前日より良かったな。

 

 

早速、山頂に向かうルートを歩き出す。

 

 

 

 

 

よ〜し、あの頂きへ絶対辿り着くぞ〜!

 

 

 

 

 

いい塩梅で険しい道です。

 

案内看板に「道険阻」て書いてあるだけのことはあります。

 

まっ、歩きごたえがあるので嬉しい。

 

 

 

 

 

 

30〜40分登ったあたりから所々雪道に。

 

標高1000メートル越えてますからね。

 

 

 

 

 

それでも、この山は歩きやすいです。

 

この時期は、木々が葉をまだつけてなくて日当たりもいいし

 

虫もいないし、快適快適。

 

 

 

 

 

難なく山頂到着〜♪

 

 

 

 

 

お~っ!白山が見える〜。

 

 

 

 

 

山頂の展望は、圧倒的な美しさでした。

 

真っ青な空に白山の白さが際立って綺麗なこと〜。

 

さすがに白峰だけに、白山が近いんですわ。

 

 

 

 

 

ピース、ピース。

 

いや〜、こんなに綺麗な景色があったなんて知らんかったわぁ。

 

以前来た時は、天気のせいでこの眺望がなかったのね。

 

 

 

 

山頂でしばらく過ごしてから下山。

 

ブナ林コースを辿って帰ることにしました。

 

 

 

 

 

 

ブナ林歩いてるの楽しいわ〜。

 

ここなら、太一や康ちゃんでも歩けるわ。

 

 

 

 

 

マンモスに跨ってみました〜。

 

昔、娘が小さかった頃にも一緒にこれやってたな。

 

そういえば、大嵐山ってこれまで何度も来てるんだわ。

 

 

 

 

駐車場について見たら、誰一人いなくなってました。

 

前日同様、東屋で昼ごはん食べてコーヒー飲んで

 

鳥のさえずりや木々の葉が風に揺れる音を聞きながら

 

実にゆっくり過ごしてから帰路へつきましたとさ。

 

 

 

 

 

吉田 | - | 10:36 | comments(0) | - | pookmark |
春の里山 その1:鷹落山&大嵐山 with嫁

緊急事態宣言やらで・・・

 

不要不急の外出を控えなさいて言われてた頃

 

本来なら嫁と、孫達に会いに富士宮へ行ってるはずだったのに

 

石川ナンバーだからと投石されたりしても何だから

 

涙をのんでおとなしくしてたんだけど

 

お互いに仕事もなくて暇だし

 

まっ山行けば人にも会わんだろうしと

 

二人でリュック担いで出かけてみました。

 

 

 

 

で、4月28日の木曜日は午後から鷹落山へ

 

 

 

 

前回タケちゃんと来た時は、道を間違えてえらい目にあいましたが

 

今回は、難なく山頂に到達。

 

んで、誰もいなかった。

 

山頂独占。

 

結構ゆっくりしてましたが、誰も現れず。

 

みんな、自粛してるんか?

 

 

 

 

 

ちょっと雲がかかってますが、白山綺麗でした。

 

 

 

 

 

雲が段々切れて来て、益々白山綺麗でした。

 

んで、この日は縦走はせずにピストンで帰って来ました。

 

あ〜、いい運動した。

 

 

 

4月29日の金曜日は、白峰の 市ノ瀬園地 まで行って見ようと思い

 

午前9時前に家を出て、10時半頃には到着したのですが・・・

 

 

 

 

 

あれ?

 

前の週に一人で下調べに来た時は開いてたのに・・・

 

 

 

 

 

その日は雪がうっすら積もってたけど、ちゃんと開いてた。

 

 

 

 

 

市ノ瀬ビジターセンターもキャンプ場も岩屋又谷園地も根倉谷園地も

 

全部閉まってる。

 

当面の間閉鎖ですと。

 

ちぇっちぇ。

 

せっかく来たのに。

 

確かに誰もいね〜わ。

 

ちぇっちぇちぇ~っ!

 

 

しようがないんで、ち〜と引き返して

 

同じ白峰にある大嵐山へ行ってみることにしました。

 

 

 

んで、車を走らせやって来ました大嵐山。

 

 

 

 

ウォー!駐車場いっぱいやんけ〜。

 

 

大嵐山に来たのは 9年ぶりなのでありました。

 

 

 

早速、散策開始!

 

ちょうど水芭蕉が咲き出す頃なので

 

それを見に来てる人がいっぱいいたようです。

 

連休も始まったし、天気もいいしな〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水芭蕉かわいらしかったです。

 

 

んで、

 

水芭蕉見てから、山頂へ続く道へ向かったんですが・・・

 

 

 

 

 

なかなかに野趣溢れ登りごたえのありそうな道なのでしたが・・・

 

 

朝から何も食べてないのでお腹が空いたと嫁が言うので

 

一旦引き戻って昼飯を食べることにしました。

 

 

 

 

 

 

駐車場の隅っこにある東屋でガスコンロ使って湯を沸かし

 

 

 

 

 

嫁が拵えてきたおにぎりとカップヌードルを食べました。

 

コーヒーも沸かして飲みました。

 

 

 

 

 

あ〜、うまかった。満足満足。

 

山で食う飯はうまいな〜。

 

コーヒーもうまいな〜。

 

 

さっ、お腹も膨れたし山歩きしようか〜。

 

と言うことで、東屋のすぐ脇にある登り口へ

 

そこからは、ブナ林が続くコースになります。

 

 

 

 

 

この頃は、まだブナの葉が付いてないので

 

遠くの景色が見渡せて、とても清々しいのでした。

 

白山も見えた。

 

 

 

 

 

マンモスみたいなブナの木もちゃんといた。

 

 

このブナ林には誰もいなかったので

 

ゆっくりゆっくり散策してから

 

山頂へ向かう道と駐車場への分岐まで来た時点で、結構時間が過ぎてた。

 

ので、明日も天気良さそうだし

 

山頂へは、明日またと言うことにしよ〜っと。

 

と、なった。

 

 

 

帰りに手取峡谷へ寄って綿ヶ滝を見て来ました。

 

 

 

 

嫁は、初めて見たのだそうです。

 

 

この話、次回へ続く。

 

 

 

↓9年前の大嵐山の記事はここですよ。

 

2011.10.29 Saturday 大嵐山散策  

 

 

 

 

 

 

 

吉田 | - | 13:01 | comments(0) | - | pookmark |
1/161PAGES | >> |