01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
ご挨拶

 

1月も19日を数え、大寒を迎える頃となりましたが・・・

 

このブログ読者の皆様、明けましておめでとうございます。

 

今年も、よろしくー。

 

 

んで、今更ですが・・・

 

年始の様子を少しアップ。

 

 

 

 

娘家族が遊びに来てくれて、賑やかな年末年始でした。

 

 

 

 

 

 

お雑煮。

 

 

 

 

 

蟹。

 

 

 

 

 

海老と昆布〆。

 

 

 

 

 

おせち料理。

 

 

あ〜、もう一回正月に戻って又食いたい。

 

 

 

 

 

 

 

お年玉。

 

 

 

 

 

イェイイェーイ!

 

 

 

 

 

家族みんなとタケちゃんとで永楽寿司さんへ行きました。

 

 

 

 

 

あ〜、もう一回正月に戻って寿司食いて〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

爺ちゃん、ボーッと生きてんじゃねーよ!

 

 

 

 

 

以上でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉田 | - | 10:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
年末・年始の営業

 

当院及び私個人の年末年始のスケジュールは・・・

 

 

当院は、12月29日の午後2時まで営業となります。

 

が、すでに予約でいっぱいとなっております。

 

年始は、1月7日からの営業となります。

 

が、すでに予約でいっぱいとなっております。

 

8日以降は、空いております。

 

 

私は

 

30日は松任海浜温泉癒し処CCZにて、10:00〜17:00まで勤務

 

31日は松任海浜温泉癒し処CCZにて、10:00〜15:00まで勤務

 

年始の2日は松任海浜温泉癒し処CCZにて、10:00〜17:00まで勤務

 

となります。

 

 

 

年末の大掃除で腰など痛めてなんとかしてくれ〜!

 

というような方は、ダメ元で午前8時頃に当院まで電話してみて下さい。

 

もしかしたら、なんとかなるかもしれません。

 

電話出なかったらごめんなさい。

 

 

平素 当院ご利用の皆様、今年も大変ありがとうございました。

 

来年も、なるべくご利用の機会がないように皆様の健康を願っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

吉田 | - | 10:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
鳥越城跡散策 2

 

初めて行った 鳥越城跡 が、とっても楽しかった。

 

出来れば、母がたの爺ちゃんのお里である別宮(べっく)へ続く山道を歩いてみたい。

 

あ〜、又晴れないかな〜。

 

と、思っていたら翌日もまずまずの天気だったので

 

仕事はちゃっちゃと済まして、二日連チャンでいそいそ出かけたのでしたとさ。

 

 

 

 

 

 

 

買ったばっかのKEENのトレッキングブーツ履いてさ〜。

 

とりあえず、前日と同じように山頂近くの駐車場に車を停めて

 

しばし、山頂からの景色を楽しむため、ウロウロ。

 

 

 

 

 

今日も、晴れてて良かった〜。

 

この前登った奥獅子吼山も綺麗に見えるぞ〜。

 

 

 

 

 

 

んで、午後3時半頃には、中の丸門に到着。

 

この奥にある、釜清水・別宮への山道を早速歩いて見ました。

 

 

 

 

 

山をずーっと下る訳ですが、所々倒木で道が塞がれたりしました。

 

 

 

 

標識も倒れたまんまになってたりします。

 

 

 

 

 

うぉーっ!でっかい倒木が完全に道を塞いでいる〜。

 

先に進めるんかい?

 

 

 

 

 

難なく横を通り過ぎることが出来たりします。

 

へっちゃら、へっちゃら。

 

 

 

 

 

30分くらい下った頃だったか?

 

釜清水・別宮への分岐点に出ました。

 

 

 

 

思ってたより早かったな〜。

 

けど、途中でもんの凄い勾配があったりして

 

登って戻るのは、多分大変であろうな〜。

 

 

まっ、とりあえず一番下まで降りちゃお。

 

 

 

 

 

山道を過ぎると、落ち葉が半端ない林道に出ます。

 

 

 

 

 

で、その林道の最終地点。

 

民家の脇にあるアスファルトの道路を歩いて行くと・・・

 

 

 

 

県道360号線の釜清水トンネルの傍に出ました〜。

 

うちの母・光子は、子どもの頃このトンネルを

 

兄ちゃん(叔父・茂雄)と二人で通ったのだそうです。

 

当時は、暗くて狭いボロボロのトンネルで

 

天井からポタポタと水が落ちて来たのだそうです。

 

 

で、この360号を別宮の町を右手に見て歩いて行くと

 

鳥越城跡の登り口に続く、県道44号線に出るのでした。

 

 

 

 

 

44号線をぐる〜っと山沿いに歩けば、鳥越城跡に戻れるぞ。

 

さっきの山道を戻るより、楽チンかも。

 

 

 

 

 

段々、日が暮れて来た〜。ちょっと急がねばな。

 

 

 

 

手取川沿いに、歩く歩く。

 

河原の石というか岩が、この辺りはでっかいな〜。

 

 

 

 

 

おっ、戻ってきた。戻ってきた。

 

 

 

 

 

山頂への林道のすぐ手前で、鳥越城跡・本丸へ続く山道発見!

 

此処から歩いて登ることも出来るんですね。

 

よし、次回は44号線脇の駐車スペースに車停めて、こっから歩いて登って見るかなっと。

 

 

 

 

 

んで、戻って来た登り口から山頂へ向かったんですが・・・

 

 

 

 

 

坂道、きつ〜。

 

車で登ればすぐなのに、やっぱ歩くのかなりきつい。

 

・・・・。

 

そもそも、車でてっぺんまで登って

 

そこから歩いて降りて来て

 

帰りに逆に歩いて登るっつうのは何か違うわ。

 

やっぱ、山はまず歩いて登るのが王道でしょ。

 

次回は、絶対下に車停めて、まず歩いて登ることにしよ〜。

 

とか思いながら、登る登る。

 

日が落ちてしまう前になんとか辿り着かねば。

 

よいしょ、よいしょ。

 

 

 

 

 

 

山頂に着いた頃には、夜景も見れました。

 

 

 

 

 

この日も、鳥越城跡には誰もいなかった。

 

日が落ちた城跡は、なんだか一段と寂しいのでしたが

 

やっぱ、来て良かった〜。

 

 

 

 

この夜、最近にはない程ぐっすり眠れて幸せでしたとさ。

 

 

 

 

 

吉田 | - | 10:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
鳥越城跡散策

 

先週の話ですが・・・

 

二日程、天気の良い日がありました。

 

何処かで山歩きして〜っ!

 

と、思い立ち

 

鳥越城跡 へ行って来ました。

 

 

旧鳥越付近は、よくドライブしに行くが

 

鳥越城跡には一度も行ったことがなかったのでした。

 

 

 

危険なパワースポット?加賀にあった百姓の国と城

 

↑こちらに詳しい。写真も満載。

 

仕事場から車で30分くらいだし、山頂近くに駐車場あるし。

 

晴れてるし、綺麗な景色に出会えるぞ〜。

 

 

 

 

 

 

 

平日の昼間なんで、駐車場ガラガラ。

 

この駐車場から、林道をしばらく降りて山頂まで750メートル付近にある

 

石碑のある処からスタートし直しました。

 

 

 

 

 

 

 

旧鳥越村の別宮という町に、母がたの祖父のお里があります。

 

自分にとってのルーツであるわけで・・・

 

最近何故かこの辺りによく来るな〜。

 

 

 

 

 

お〜!青空と山並みが綺麗ですわ。

 

 

 

 

 

山頂・本丸前にある、加賀一向一揆のなかなかに悲惨なモニュメント。

 

 

 

 

 

もしかしたら、私のご先祖様もこのような目にあわれたりしたのだろうか?

 

ナムナム・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

城跡の周りをぶらぶら。

 

ドローンを飛ばしてるおじさんが一人いただけでした。

 

 

 

 

 

 

ん?

 

二の丸の脇に標識発見!

 

ルーツの別宮へ続く道があるみたいですわ。

 

 

 

 

 

んで、この山道をしばらく歩いてみた。

 

う〜む、なかなかに冒険心がくすぶられる山道だけれど

 

今日は、この先あまり時間がな〜い。

 

ので、途中で引き返して来た。

 

 

 

 

 

日も段々暮れて来たしね〜。

 

 

 

 

城跡に戻ったら、ドローンのおじさんもいなくなってて

 

山頂独占状態!

 

せっかくだから、くまなくあたりを散策。

 

あ〜、鳥越城跡面白かったな。

 

何で今まで来なかったんだろ?

 

 

でも、今日はこんくらいにしといてやろ〜っと。

 

また、晴れたら来よう〜っと。

 

 

 

という訳で次回に続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

吉田 | - | 11:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
メリークリスマス♪

 

昨晩は、家内が実家に来てくれ

 

色々料理を拵えてくれました。

 

婆ちゃんと3人でチキンやケーキを食べて美味かった♪

 

 

 

 

 

 

 

YES

 

パレスチナ ナザレの子

 

 

 

 

↓毎年、この日はこの話。


 
パレスチナ出身の哲学者、サイード一家の痕跡を描いたドキュメンタリー映画
OUT OF PLACE」←参照
 
アリーザ・カシン(シリア出身ユダヤ人)
Aliza Kassin
みんなそうよ。私たちは兄弟のように一緒に暮らしていたのよ。ユダヤ人もアラブ人もアルメニア人もキリスト教徒も皆ひとつの家族みたいなもんだったのよ。それで一緒に住んで同じ庭を共有していて、みんな一緒でまるで家族みたいだったわよ。祝祭日には私たちのところにお土産をもってきてくれたし、私たちはお祭りの食べ物を全部味見してもらっていたし。私たちはすぎこしの祭りのときには特別のパンを彼らにあげていたし、そんな感じよ。隣近所の人たちは皆いい人たちだったわ。

 

 

 

 

 

 

皆が仲良くしないと戦争に巻き込まれてしまいますよ。

 

エゴを捨てて平和に暮らすのが一番大事と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉田 | - | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
大滝詠一&高田渡

 

 

 

 

大滝詠一のスピーチバルーン 高田渡さんに聞く

 

 

これ、本当に、しみじみ面白いですわ。

 

何度聞いても「ふ〜ん。」てなりますわ。

 

 

二人とも死んじゃったけれど

 

実にいい話やわ〜。

 

 

 

保身と金儲けのことしか考えない政治家の皆さんに理解して貰いたい。

 

ここを覗いていただいてる皆様にも、ぜひ聞いてほしい。

 

 

 

 

 

 

吉田 | - | 15:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
グッキ

 

 

 

 

今朝、グッが身罷りました。

 

老いて病を罹っていたのですが

 

とても安らかに永遠の眠りにつきました。

 

 

 

これまで本当に有難うございました。

 

 

 

写真は、2014年の2月 10歳の誕生月の頃のです。

 

14年と10ヶ月の命でしたが

 

ありのまま、あるがままに生きる姿に

 

実にたくさんのことを教えて貰いました。

 

 

これからは、先代グッキやハクと一緒に遊んでね。

 

 

 

 

 

 

吉田 | - | 11:08 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
初雪

 

昨日は、北陸地方で冬型の気圧配置が強まり

 

金沢では、例年より9日遅れの初雪が観測されたようです。

 

 

午後からちょっと用事があって

 

白山比弯声劼気鵑惺圓辰突茲泙靴拭

 

 

 

 

 

 

 

雪、積もってましたね。

 

157号線を鶴来方向に向かって走っていると

 

山側から来た、車の屋根にどっさり雪が乗ってたりしましたもん。

 

 

 

 

 

 

樹木公園も行きましたが、雪だらけ。

 

 

 

 

 

先週登った奥獅子吼山。

 

あんなに良い天気で見晴らしよかったのに・・・。

 

 

 

それでも、雪が降るとなんだかワクワクするのは

 

戌年生まれの性か?

 

 

太一と雪かきしたい。

 

 

 

 

 

 

吉田 | - | 09:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
太一の誕生日♪

 

 

 

 

12月2日で3歳になった太一くん。

 

おめでとうございます。

 

みんなに可愛がれ、すくすく育って

 

爺ちゃんは、とてもとても嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

お祝いに、子供用ドラムセットを贈らせていただきました。

 

 

太一くん、めちゃうまいです。

 

3歳児とは到底思えないくらいうまいです。

 

スティックの扱いもバスドラのペダルを踏む足の使いも

 

初めてとは思えないほど様になってます。

 

ノリとかテンポとかもわかってるのが凄いです。

 

 

 

お婆ちゃん(光子)は、ドラムを叩く動画を見て

 

「将来、ミュージシャンになるな。」

 

と、言うてました。

 

 

 

早く、太一と康太に逢いたい。

 

 

 

 

吉田 | - | 09:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
奥獅子吼山登山♪

 

鶴来の樹木公園 の奥で見つけた

 

奥獅子吼山 の登山道を歩きたい。

 

てか、是非とも山頂に辿り着きたい。

 

ついに5回目のチャレンジにて大成功!

 

て話です。

 

 

 

 

12月の2日の日曜日、いい天気でしたね。

 

つい最近再開した朝のジョギング・ウォーキング中に

 

ふと見た獅子吼高原が、なんだかすぐそこにあるような気がして

 

あ〜、どうしても奥獅子吼山の山頂へ行きた〜い。

 

この前の道路工事は確か先月いっぱいで終わってるはずだし

 

今朝は、運よく予約も入ってないし

 

パーット準備してガーッと行って来よう!

 

と、午前8時半頃出発。

 

犀鶴林道を車で走って、登山道についたのが9時ちょい過ぎあたり。

 

駐車場にはすでに3〜4台車が停まってて

 

ちょうどこれから登るぞ〜っていう感じの団塊世代のおじ様おば様3人組が

 

身支度したり準備運動的なことされてたりしました。

 

んで、どうやらかなりの経験者らしき彼らが登り出すのを待って

 

さらに、なるべく時間をおいて出発しようと思ったのも

 

ヘタレな自分に気づかれたくないから。

 

 

 

 

 

 

よ〜し、ついに山頂に向けて登山じゃ。

 

なんだか興奮するわ〜。

 

 

 

 

 

いざ、出発〜っ!

 

 

 

 

天気が良いと行っても、さすがに12月ですから

 

まだ朝のうちの山ん中は冷え冷えとしておりました。

 

 

 

 

 

日陰の道は、霜が降りてて真っ白け。

 

陽が昇り陽が当たるに連れ、霜が溶けて

 

前日の雨のせいもあるでしょうが、ものすごく泥濘んでました。

 

 

 

 

 

今日は、ハジメくん(息子)の使ってた作業靴履いてきて良かったわ〜。

 

どんだけドロドロんなってもこれなら平気だわ。

 

無断拝借してきた甲斐があったわ。

 

 

 

 

 

30分くらい登った辺りで、看板みっけ。

 

 

 

 

樹木公園へ通じる山道。

 

この前、たけちゃんが一人でここまで登ってきた場所が多分ここですね。

 

 

 

 

 

ここまで来て、「山頂まで60分」と書いてあるの見て断念せざるを得なかった訳です。

 

樹木公園に至る方には「注意!急坂多し」とちゃんと書いてあるわ。

 

まじ、危険やったし。幼児には絶対無理やったし。

 

 

 

 

その点、このルートはかなり安全なようです。

 

 

 

 

急坂も勿論あるが、ちゃんと歩きやすいように木や石で足場が作ってあったりする。

 

ん〜、これなら幼児でも登れるか。

 

いや、幼児はやっぱり無理でねぇかな〜。

 

太一(孫)は無理だな。絶対途中で「爺ちゃん、抱っこ〜。」っていうな。

 

とか考えながらどんどん昇る。

 

ゼイゼイ言いそうになったけど、樹木公園ルートよりは全然楽ちん。

 

途中で、上から降りてくる人たちとすれ違う時も

 

こんにちわ〜♪の声が元気。

 

いや〜、これは絶対山頂行けますわ。

 

もう、ルンルンですわ。

 

 

 

 

 

 

ほ〜、もうこんな高くまで来たぞ〜。

 

下界がこんなに綺麗に見えるぞ〜。

 

 

 

 

 

 

よっしゃ!もうすぐで山頂や〜。

 

こういう案内看板もあって、なんか親切。

 

道に迷ったりせずにすみますね。

 

 

 

 

 

反対の方行くとヤバそうやわ〜。初心者には無理なんやろうな〜。

 

「加賀禅定道」とか書いてあるし。

 

天台宗の千日回峰行みたいもんか?

 

 

 

 

 

で、この辺りで

 

山頂目掛け先に出発してた、団塊世代のおじ様おば様を追い抜いてしまった。

 

多分、ちょっと休憩したり景色を見たりしてらっしゃんたんだと思う。

 

 

 

 

 

よっしゃ、よっしゃ、この調子で一気に山頂まで駆け上がるぞ〜。

 

上に行くに連れ、急勾配はなくなり泥濘もひどくなくなって来て

 

いよいよ、山頂かな〜?って景色が見えて来た。

 

 

 

 

 

おーっ、すぐそこが山頂でしょ。

 

もう、ちょいでしょ。

 

 

 

 

いよいよ来たか〜。

 

 

 

 

すぐ目の前や〜!

 

 

 

 

 

ドーンッ!

 

ほら、山頂。( 写真、しょぼ。)

 

 

 

 

 

やったー!やったー!!

 

ついにやって来た〜。奥獅子吼山頂。標高928メートル。

 

 

 

 

 

山頂には、誰もいなくて、しばし360度大パノラマを独り占め状態。

 

 

 

 

 

 

白山がこんなに近くに見える〜。

 

 

 

 

 

ズーム、ズーム。

 

 

 

 

うぉーっ、気持ちいい〜。

 

こなに気持ち良いもんなんか〜。

 

山頂、なんでや〜?なんでこんなに気持ちいいんや〜?

 

あ〜、気持ちいい〜。

 

 

 

 

 

 

 

しばらくすると、おじ様おば様たちの他にも人が何組かやって来て

 

みなさん思い思いに、写真を撮ったりコーヒーを沸かして飲んだりお弁当食べたりしてました。

 

 

 

 

 

 

おば様に写真撮って貰いました。

 

 

 

 

 

私は、ひとりでベビースターラーメンを食べサントリー伊右衛門飲んで

 

煙草を一服吸って、全身に清しい空気を行き渡らせ

 

後から登って来た、常連さんらしき白い長靴を履いたおじさんに

 

干し柿を貰い、それを食べ食べ下山することにしました。

 

 

 

下山の途中に、登ってくる人たちと沢山すれ違いましたが

 

皆さん、どなたも挨拶を交わしてくれてとても嬉しかったです。

 

山に入ってからは・・・

 

携帯電話を片手にしてる人も、ヘッドドフォンして音楽聴いてる人もいなくて

 

とても幸せだったです。

 

 

 

 

 

この日、奥獅子吼山登山して本当に良かったです。

 

多分、もうやめられなくなると思います。

 

ボカァ、山に惚れちゃったかも〜。

 

さすがに、これから冬だから今年はもう無理と思うけど

 

春になったら又、山登りしたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んで、KEENのトレッキングブーツを買っちやいましたとさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉田 | - | 15:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1/152PAGES | >> |