09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
働くタケちゃん

 

 

 

タケちゃん、見っけ。

 

 

金沢南ケアセンター 

 

介護老人保護施設

 

 

タケちゃん頑張れ!

 

 

 

 

 

吉田 | - | 12:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
住まいのリフォーム

 

 

 

今月より実家のリフォーム開始!

 

家の周り中、足場が組まれ

 

玄関先の車庫部分は解体が進んでいます。

 

車庫も庭も潰して、車3台駐められるようにしますから。

 

 

遺品の整理もまだまだ残ってるし

 

キッチンや居間、二階の部屋の内装なんかも変えるので

 

準備で毎日大変です。

 

一階のトイレも新しくしますよ。

 

 

 

 

 

 

実家は、バブル崩壊前に建てた実に立派な家なんで

 

その分、解体が大変なんです。

 

大工さん頑張って!

 

 

新しくなる日が愉しみです。

 

 

 

 

吉田 | - | 08:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
8月の太一と康太♪2

 

お盆に太一や康太と遊んだ話の続きです。
 
お墓参りも済ませた 8月14日には
 
駿太は富士宮の清しい高原に帰っちゃいましたが
 
娘と孫たちは、石川の過酷な猛暑に耐えながら夏を楽しんでいました。
 
 
んで、 17日の土曜日には嫁も交えて氷見市へ。
 
島尾海水浴場で海水浴しました。

 

 

 

 


 


 

 


此処は、環境省の「快水浴場100選」にも選ばれてるらしいっす。

 

 


 
 
 

 
 
 
 
まずは、浜茶屋へ入って、お昼ご飯。
 
浜茶屋入るのって、何十年ぶりですわ。


 

 


 

 
爺ちゃんは、焼きイカでビールをキューッと。
 
う〜む。最高。
 
浜茶屋と焼きイカとビール。クーッ。

 

 


 
 
太一と康太は、持ち込みのプリンを美味しそうに食べていました。

 

 

 


 


浜茶屋で食べるプリンはクーッですか?

 

 

 


 
 
お盆も過ぎてたからか、そんなに混んでなかった浜茶屋でポーズする太一。
 
広い浜茶屋で康太とはしゃぎまわってました。
 
 
 
 

 

 


ヨ〜シ。腹ごしらえもしたし、海はいるぞ〜!

 

 


 

 


うおーっ!海だ海だー。

 

 

 

 

 

 


 


プールでも川でもない、これが海だ〜。

 

 


 
 
やっぱ、夏は海やわ〜。

 

 


 
 

此処は遠浅で、波も穏やかなので

 

海水浴初体験の孫たちにはもってこいなのでした。
 
離岸流もないしな〜。安心安心。

 

徳光海岸では波を怖がってた康太くんも平気でした。

 

 

 

 

 

あっ、やや怖そうな表情・・・。

 

 

 


 


太一は浮き輪につかまってのバタ足が上手になりました。

 

 

 


 


海でいっぱい遊んだわ〜。
 
楽しかったわ〜。
 
次回はぜひ駿太も一緒に♪
 
 

沢山、遊んだので浜茶で休憩。

 

 

 

 
泳いだ後のスイカは、また格別!
 
 
 

 

 


 
んで、海水浴場から30分位車で移動して
 
今夜のお宿、氷見温泉郷うみあかりさんて宿へ。


 
 

 
 

 


先ずは、下駄を鳴らして別館の岩風呂に。
 
富山湾を眺めながら、源泉掛け流しのお湯に浸かってゆったり。

 


 
無料サービス食べ放題のソフトクリーム食べたり

 

入れたてコーヒー飲んで一息ついてから

 

夜は、富山湾で漁れる海の幸を堪能。


 

 


 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

お料理が、これでもかというほど次々出てくるんで
 
食べきれん!と思ったが・・・・結局、完食。
 
腹一杯、全員大満足。
 
 
 
この宿は、お部屋が広くて寛げた〜。写真撮ってなかったけど。
 
海水浴の疲れもあってか、その夜は全員ぐっすり眠りましたとさ。
 
 
 
 
 
翌日、爺ちゃんはその足で娘たちと富士宮へ。
 
一泊して帰って来たわけですが・・・
 
いや〜、いいお盆の休みでした。
 
これもご先祖様のお陰。
 
感謝、感謝。
 
 
 

 


 


 

 
太一は、石川のプールや川や海で遊んだ成果もあってか
 
休みが明けて行った保育園で、河童の賞を貰ったそうです。
 
お終い。

 

 

 

 

 

 

 


 
 
 

 

 

吉田 | - | 14:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
8月の太一と康太♪

 

先月の猛暑の中

 

お盆の里帰りで、娘たち家族がやって来て

 

亡き母光子の初盆ではありましたが

 

ご先祖様のお陰で、楽しいことがいっぱいありました。

 

感謝、感謝。

 

 

 

 

 

 

この実家の居間で過ごすのも今年が最後。

 

只今リフォーム中ですが、秋が深まる頃にはガラッと変わるはず。

 

 

 

 

 

 

 


夏は、やっぱスイカ!

 

 

 

 

 

 


スイカうめ〜。

 

 

 

 

 

 

 


小雨の中、玄関で花火をしましたよ。

 

 

 

 

玄関前なんで、打ち上げタイプのものは出来ませんが

 

本当は、線香花火が一番風情があって素敵です。

 

 

 


夏は、やっぱ花火!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

庭でプールもしました。

 

今年は、プール新調。

 

サイズがでっかくなりました。

 

駿太と太一と康太と3人入っても大丈夫。

 

 

 

 

 

 

 

 

太一は、保育園でプールによく入っているそうです。

 

 

夏は、やっぱプール!

 

 

 

 

 

 

 

 

小松市の赤瀬谷で川遊び。

 

此処、娘と太一と婆ちゃんとよく来てたんだけど

 

いつも来ても誰もいなかったのに

 

お盆休みのせいか人が沢山いて驚いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太一は、浮き輪につかまってバタ足が出来るようになりました。

 

 

 

 

やった!やった~っ!

 

 

 

爺ちゃんと駿太は飛び込みに挑戦して、めっちゃ面白かったが

 

動画した撮れてないので、様子をアップできないのが残念です。

 

 

 

夏はやっぱ、川遊び!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 8月の太一と康太♪は次回に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

吉田 | - | 17:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
驚きの鑑定結果!

 

前回の記事の続きですが・・・・

 

 

 

 

 

祖母や父・母が遺していった壺や花瓶・着物・美術品などを

 

買取り及び処分をお願いした リサイクルショップのご主人に

 

昨日、再訪いただきました。

 

 

壺や花瓶の一部に値がつきそうなものがある物があると聞いていたので

 

ちと愉しみにしていたのですが・・・・

 

 

さて、鑑定の結果は?

 

あ〜、ドキドキするな〜。

 

心の中では「なんでも鑑定団」のBGMが繰り返し鳴っている〜。

 

 

本人評価額は・・・

 

6点あるので、1点につき 5,000円として計3万円てとこ。

 

まっ、これは安〜く見積もってですけどね。

 

 

さぁ、では鑑定結果は〜〜〜?

 

いち、じゅう、ひゃく、せん、ま〜ん・・・・

 

 ¥10,000 -

 

えっ?一万円か〜。大幅ダウンじゃ〜ん。

 

一点、 2,000円にもならんつうことか〜。

 

あ〜あ。世の中厳しい〜。

 

 

この査定を聞いたら、これらを買ったたか貰ったか知らんけど

 

所有していた亡き父や母は、どう思うのでしょ?

 

多分、ある程度つぎ込んだと思うだがな〜?

 

まっ、しょうがないか。

 

 

結局、着物と自分の要らなくなったレコード 120枚と合計で

 

 19,000円をご主人にその場で支払して貰い

 

そのほかの処分品と合わせ

 

軽トラの荷台いっぱい分ほどを引き取っていただきました。

 

 

 

実家のリフォームのための整理整頓、まだまだかかりそうです。

 

 

 

 

 

 

吉田 | - | 09:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
お宝鑑定

 

 

 

 

今年の2月に母・光子が亡くなって以来


実家で一人暮らしを続けているのでありますが・・・

 

 

来月からその実家をリフォームすることが決定。


工事が終わり次第、嫁と息子と3人暮らしをする運びとなっております。

 

んで、現在リフォームのために実家を整理整頓中。


この際思い切って、亡き祖母・父・母の遺品整理をすることにしました。

 

 

お盆の間も、帰省していた娘や嫁に手伝ってもらい

 

要らないものを随分処分しましたが


まっ、どうしてこんなに要らないものを残していってくれたのか

 

ホトホト困り果てるほどの量。


捨てるには惜しいと思しき品々もあるし、自分たちだけでは手に負えないので


母が亡くなった時、遺品整理や引越しのサポートもしますとハガキで案内をくれた


野々市市にあるリサイクルショップさんに相談してみることにしました。

 

 

ネットで下調べをしたところ、着物・レコード・楽器・美術品・一部の食器家具類などに


値のつくものがあるということだったので、それらを見て貰い


廃棄処分の費用も重ねて見積もりをお願いすることにしたのでした。

 

 

星稜vs履正社の決勝戦が行われた木曜日の午後。


リサイクルショップのご主人に出向いて頂きました。

 

 

このご主人、面白い人やったわ〜。

 

先ずは、事情を話してから家の中をあちこち見てもらったんですが・・・


旦那さん、音楽を演ってらっしゃるんですか〜?


と、使用中のギターやアンプを見て問うてくる。


あとで聞いたら、私の4歳上のこのご主人も昔ギターを弾いてたらしく


遠藤賢司とか加川良とかが好きだったらしい。


かぐや姫とかアリスとかだったら嫌だったし


高石ともやとか岡林信康だったらなんかめんどくせーと思ってしまうんだけど


遠藤賢司と加川良は心に刺さるわ〜。

 

 

んで、ご主人はさすがに勝手知ったる他人の家で


玄関や床の間や居間に無造作に置いてあった

 

壺とか花瓶とか香炉とかを手にとって


これの箱はありませんか〜?と問うので


奥の和室の戸棚などを案内すると・・・


お〜、これがあれの箱です、これはそれの蓋です。


とかって、無造作に置かれてた品々を手際よく整理して


箱に収め、床に並べササッと分類していく。


これらは、作家さんの壺や花瓶なので値が着くんですよ〜。


ただし、箱がないといけないんですよ〜。


こんなのもっとありませんかね〜?


あ〜、この蓋も作家さんの香炉の蓋ですよ。

 

この本体と箱がどこかにありませんかね〜?

 

 

作業をする姿が実に手馴れていて、見ていて楽しい。


てか、掘り出し物を探そうとするその姿が実に楽しそう。


家の中で山菜採りをしているよう。


松茸見つけたー!みたい感じ。

 


けど、根っからの古物好きと見え、ビジネスライクではなさそう。


というのも・・・

 

これは旦那さん大変良いものですからご自分で持ってた方がいいですよー。とか


こういう絵はそのうち作家さんの名前が上がりますから


それまで大切に置いといてください。とかちゃんとアドバイスしてくれる。

 

 

さらに、目利きの方法を教えてくれる。


着物の良し悪しっていうのは、肌で触割ることで分かるんですよ。


これなんか、触るとスベスベしてるでしょ。

 

そして、冷たい感じがするんですが


しばらく触り続けているとじわ〜っと温かみが伝わってくる。


これは、良い絹で織られてる証拠なんですよ〜。

 

 

何でも安くて便利で使いやすいように作られたものばっかの世の中になりましたが


古くて不便で使い勝手が悪くても

 

良いものというのは心に伝わる何かがあるんですよね〜。


物に対する愛着とかいうことを今の若い人はわかってないんじゃないですかね〜。


私なんか、国鉄の荷物預かり所でバイトして初めて買ったヤマハのギターは

 

今でも大切に持ってますよ。


みたいなことを嬉々と話す。

 

このご主人といたら高校野球のことを忘れて時が経っていました。

 

 

 

まっ、2時間弱のことではありましたが


一応、見積もりと引き取りの準備段階完了。


結果として以下のことが決定!

 

 

1:奥の和室に並べた壺や花瓶、香炉などの他値段がつきそうな美術品は

      写真に撮って帰りもう一度しっかり鑑定の上後日金額を支払う。


2:母が集めた人形・雛人形・五月人形などは

    「首がついた物は売れない」らしく引き取りしない。


3:着物・レコードの他、値がつかないような装飾品や食器類等

     は無償で引き取って貰う。


4:来週の木曜日に支払いをして、全品引き取って貰う。


5:そのほかは、家庭用ゴミとしてせっせと自分で捨てた方が費用がかからなくて良い。


6:でっかい家具とかは、大工さんのトラックに積んでゴミ処理センターへ持っていく。

 

 

という訳で、来週の鑑定結果がとても愉しみです。


本人の評価額を大きく上回る驚きの鑑定結果が出ないかな〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


                                                                                     

吉田 | - | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ことねちゃん♪

 

一昨日、高岡の 羽広整体院 さんがご家族で当院を訪ねて下さいました。

 

 

 

 

 

 

今年の3月に生まれた、ことねちゃんで〜す。

 

 

 

めっちゃ可愛い。

 

やっぱ、女の子おとなしいわ。

 

太一と康太とは、全然違う。

 

抱っこしたら、泣かれましたけど・・・。

 

 

お父さんも、可愛くてたまらなさそうで、常に破顔。

 

開業から5年を迎え仕事も順調なようで、何よりです。

 

 

せっかく訪ねてくださったのに、何のお構いも出来なくてすいませんでした。

 

けど、ことねちゃん見せにまたきてね。

 

 

 

 

吉田 | - | 10:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
目くらまし・・・

 

日韓交流 金沢市 派遣延期  小松 小中生出発

 

北陸中日新聞  2019年 8月 8日

 

↑この小中生が日本に帰って来た記事が昨日の朝刊に出てました。

 

 

 

韓国の人たち これからも仲良く  北陸中日新聞  2019年 8月 10日

 

 小松青年会議所 (JC)の青少年交流事業として、韓国のソウル衿川(クムチョン)区にホームステイした小松市の小中学生16人が 9日、帰国した。

 

 

同行した同JCの長野守史理事長は「日韓関係の悪化による不安は全く感じなかった」と話す。

仁川空港に着くと、受け入れ先のソウル衿川 JCの会員が「ご訪問を歓迎します」と書かれた横断幕を掲げ、大歓迎してくれたという。

 

 

 今江小学校 6年の光山侑斗君は「韓国の人たちは、初対面でも優しくしてくれた。これからも近くの国同士仲良くしたい」と話した。長野理事長は「紆余曲折はあったが紆余曲折はあったが、空港での歓迎をはじめ、衿川 JCのメンバーと再会できた喜びがひとしおだった」と振り返った。

 

 

 

 

昨今、何故に日韓関係の悪化を煽る輩が蔓延るのか?

 

目くらましとしての日韓対立  田中 宇の国際ニュース解説 2019年7月24日   

 

 

目くらましにノッたら駄目よ。

 

 

 

 

吉田 | - | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
7月の太一と康太♪

 

 8月となりまして、30度越えの猛暑が続いておりますが・・・

 

先月の楽しかった思い出をアップします。

 

爺馬鹿許せ。

 

 

 

 

 

 

 

富士宮 白糸自然公園で凧揚げ。

 

 

 

 

 

 

帰省の途中、高山市のドライブインで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松任海浜公園。

 

 

 

 

 

徳光海岸。

 

 

 

 

 

 

チャリダー。

 

 

 

 

田中屋でソフトクリーム。

 

 

 

 

おかりや公園。

 

 

 

 

 

 

 

あかねファームで収穫。

 

 

 

 

 

 

太一と康太は、お盆にまたやって来ます。

 

 

 

 

 

吉田 | - | 15:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
忍野デッド 2019

 

 

 

 OSHINO DEAD 2019 "What's happened at base of Mt Fuji!!"

 

 

 

 

富士宮のふもとっぱらキャンプ場で行われた忍野デッドに娘家族と参加。

 

雨や強風にもあったけど、大変大変楽しかった。

 

孫たちも大喜びであった。

 

 

 

 

 

 

グレートフルデッドが好きでよかった。

 

ROCKのある時代に生まれてよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんなに楽しいかって、そりゃあなた行ってみないと分かんないですよ。

 

言葉にするのが、もったいない位楽しかった。

 

 

主催者の皆様、出演者の皆様、出店者の皆様、地元の皆様

 

全ての参加者の皆様、ご苦労様でした。有難うございました。

 

次があったら絶対又行きたいです。

 

 

 

 

 

 

 

吉田 | - | 10:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1/156PAGES | >> |