12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
グッキ

 

 

 

 

今朝、グッが身罷りました。

 

老いて病を罹っていたのですが

 

とても安らかに永遠の眠りにつきました。

 

 

 

これまで本当に有難うございました。

 

 

 

写真は、2014年の2月 10歳の誕生月の頃のです。

 

14年と10ヶ月の命でしたが

 

ありのまま、あるがままに生きる姿に

 

実にたくさんのことを教えて貰いました。

 

 

これからは、先代グッキやハクと一緒に遊んでね。

 

 

 

 

 

 

吉田 | - | 11:08 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
初雪

 

昨日は、北陸地方で冬型の気圧配置が強まり

 

金沢では、例年より9日遅れの初雪が観測されたようです。

 

 

午後からちょっと用事があって

 

白山比弯声劼気鵑惺圓辰突茲泙靴拭

 

 

 

 

 

 

 

雪、積もってましたね。

 

157号線を鶴来方向に向かって走っていると

 

山側から来た、車の屋根にどっさり雪が乗ってたりしましたもん。

 

 

 

 

 

 

樹木公園も行きましたが、雪だらけ。

 

 

 

 

 

先週登った奥獅子吼山。

 

あんなに良い天気で見晴らしよかったのに・・・。

 

 

 

それでも、雪が降るとなんだかワクワクするのは

 

戌年生まれの性か?

 

 

太一と雪かきしたい。

 

 

 

 

 

 

吉田 | - | 09:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
太一の誕生日♪

 

 

 

 

12月2日で3歳になった太一くん。

 

おめでとうございます。

 

みんなに可愛がれ、すくすく育って

 

爺ちゃんは、とてもとても嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

お祝いに、子供用ドラムセットを贈らせていただきました。

 

 

太一くん、めちゃうまいです。

 

3歳児とは到底思えないくらいうまいです。

 

スティックの扱いもバスドラのペダルを踏む足の使いも

 

初めてとは思えないほど様になってます。

 

ノリとかテンポとかもわかってるのが凄いです。

 

 

 

お婆ちゃん(光子)は、ドラムを叩く動画を見て

 

「将来、ミュージシャンになるな。」

 

と、言うてました。

 

 

 

早く、太一と康太に逢いたい。

 

 

 

 

吉田 | - | 09:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
奥獅子吼山登山♪

 

鶴来の樹木公園 の奥で見つけた

 

奥獅子吼山 の登山道を歩きたい。

 

てか、是非とも山頂に辿り着きたい。

 

ついに5回目のチャレンジにて大成功!

 

て話です。

 

 

 

 

12月の2日の日曜日、いい天気でしたね。

 

つい最近再開した朝のジョギング・ウォーキング中に

 

ふと見た獅子吼高原が、なんだかすぐそこにあるような気がして

 

あ〜、どうしても奥獅子吼山の山頂へ行きた〜い。

 

この前の道路工事は確か先月いっぱいで終わってるはずだし

 

今朝は、運よく予約も入ってないし

 

パーット準備してガーッと行って来よう!

 

と、午前8時半頃出発。

 

犀鶴林道を車で走って、登山道についたのが9時ちょい過ぎあたり。

 

駐車場にはすでに3〜4台車が停まってて

 

ちょうどこれから登るぞ〜っていう感じの団塊世代のおじ様おば様3人組が

 

身支度したり準備運動的なことされてたりしました。

 

んで、どうやらかなりの経験者らしき彼らが登り出すのを待って

 

さらに、なるべく時間をおいて出発しようと思ったのも

 

ヘタレな自分に気づかれたくないから。

 

 

 

 

 

 

よ〜し、ついに山頂に向けて登山じゃ。

 

なんだか興奮するわ〜。

 

 

 

 

 

いざ、出発〜っ!

 

 

 

 

天気が良いと行っても、さすがに12月ですから

 

まだ朝のうちの山ん中は冷え冷えとしておりました。

 

 

 

 

 

日陰の道は、霜が降りてて真っ白け。

 

陽が昇り陽が当たるに連れ、霜が溶けて

 

前日の雨のせいもあるでしょうが、ものすごく泥濘んでました。

 

 

 

 

 

今日は、ハジメくん(息子)の使ってた作業靴履いてきて良かったわ〜。

 

どんだけドロドロんなってもこれなら平気だわ。

 

無断拝借してきた甲斐があったわ。

 

 

 

 

 

30分くらい登った辺りで、看板みっけ。

 

 

 

 

樹木公園へ通じる山道。

 

この前、たけちゃんが一人でここまで登ってきた場所が多分ここですね。

 

 

 

 

 

ここまで来て、「山頂まで60分」と書いてあるの見て断念せざるを得なかった訳です。

 

樹木公園に至る方には「注意!急坂多し」とちゃんと書いてあるわ。

 

まじ、危険やったし。幼児には絶対無理やったし。

 

 

 

 

その点、このルートはかなり安全なようです。

 

 

 

 

急坂も勿論あるが、ちゃんと歩きやすいように木や石で足場が作ってあったりする。

 

ん〜、これなら幼児でも登れるか。

 

いや、幼児はやっぱり無理でねぇかな〜。

 

太一(孫)は無理だな。絶対途中で「爺ちゃん、抱っこ〜。」っていうな。

 

とか考えながらどんどん昇る。

 

ゼイゼイ言いそうになったけど、樹木公園ルートよりは全然楽ちん。

 

途中で、上から降りてくる人たちとすれ違う時も

 

こんにちわ〜♪の声が元気。

 

いや〜、これは絶対山頂行けますわ。

 

もう、ルンルンですわ。

 

 

 

 

 

 

ほ〜、もうこんな高くまで来たぞ〜。

 

下界がこんなに綺麗に見えるぞ〜。

 

 

 

 

 

 

よっしゃ!もうすぐで山頂や〜。

 

こういう案内看板もあって、なんか親切。

 

道に迷ったりせずにすみますね。

 

 

 

 

 

反対の方行くとヤバそうやわ〜。初心者には無理なんやろうな〜。

 

「加賀禅定道」とか書いてあるし。

 

天台宗の千日回峰行みたいもんか?

 

 

 

 

 

で、この辺りで

 

山頂目掛け先に出発してた、団塊世代のおじ様おば様を追い抜いてしまった。

 

多分、ちょっと休憩したり景色を見たりしてらっしゃんたんだと思う。

 

 

 

 

 

よっしゃ、よっしゃ、この調子で一気に山頂まで駆け上がるぞ〜。

 

上に行くに連れ、急勾配はなくなり泥濘もひどくなくなって来て

 

いよいよ、山頂かな〜?って景色が見えて来た。

 

 

 

 

 

おーっ、すぐそこが山頂でしょ。

 

もう、ちょいでしょ。

 

 

 

 

いよいよ来たか〜。

 

 

 

 

すぐ目の前や〜!

 

 

 

 

 

ドーンッ!

 

ほら、山頂。( 写真、しょぼ。)

 

 

 

 

 

やったー!やったー!!

 

ついにやって来た〜。奥獅子吼山頂。標高928メートル。

 

 

 

 

 

山頂には、誰もいなくて、しばし360度大パノラマを独り占め状態。

 

 

 

 

 

 

白山がこんなに近くに見える〜。

 

 

 

 

 

ズーム、ズーム。

 

 

 

 

うぉーっ、気持ちいい〜。

 

こなに気持ち良いもんなんか〜。

 

山頂、なんでや〜?なんでこんなに気持ちいいんや〜?

 

あ〜、気持ちいい〜。

 

 

 

 

 

 

 

しばらくすると、おじ様おば様たちの他にも人が何組かやって来て

 

みなさん思い思いに、写真を撮ったりコーヒーを沸かして飲んだりお弁当食べたりしてました。

 

 

 

 

 

 

おば様に写真撮って貰いました。

 

 

 

 

 

私は、ひとりでベビースターラーメンを食べサントリー伊右衛門飲んで

 

煙草を一服吸って、全身に清しい空気を行き渡らせ

 

後から登って来た、常連さんらしき白い長靴を履いたおじさんに

 

干し柿を貰い、それを食べ食べ下山することにしました。

 

 

 

下山の途中に、登ってくる人たちと沢山すれ違いましたが

 

皆さん、どなたも挨拶を交わしてくれてとても嬉しかったです。

 

山に入ってからは・・・

 

携帯電話を片手にしてる人も、ヘッドドフォンして音楽聴いてる人もいなくて

 

とても幸せだったです。

 

 

 

 

 

この日、奥獅子吼山登山して本当に良かったです。

 

多分、もうやめられなくなると思います。

 

ボカァ、山に惚れちゃったかも〜。

 

さすがに、これから冬だから今年はもう無理と思うけど

 

春になったら又、山登りしたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んで、KEENのトレッキングブーツを買っちやいましたとさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉田 | - | 15:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
樹木公園の奥 4

 

前回の続き・・・

 

 

 

 

 

 

何や。そうかそうか。まだ山頂まで1時間もあるんか。

 

まっ、じゃ今日はこのあたりで勘弁しといてやるか〜。

 

又、時間のあるときに来りゃいいからな。

 

ハハ、ハハ、ハ〜。

 

 

 

 

登りかけた急勾配泥濘崖地獄の山道を降りて

 

コンクリートの道で一服。

 

あ〜、煙草がうめぇ。死ぬほどうめぇ。

 

 

 

しかし、それにしても確かネットで調べたら

 

「幼児でも高齢者でも1時間あまりで山頂に立てるハイキングコース」なんて書いてあったのに

 

これ、どういうこと?

 

登って降りるだけで5時間はかかるやん。

 

って訝しく思ったが、後でよく見たら・・・

 

 

 

「犀鶴林道の峠からだと手軽に登れて標高差も少なく」

 

とか

 

「犀鶴林道からだと物足りないが、樹木公園やパーク獅子吼から登るにはきついと思われる方にはお薦めのコースです。」

 

とか、ちゃんと書いてあるじゃん。

 

つまり、そん時に座り込んでたコンクリートの道が犀鶴林道であってですね

 

犀鶴林道の峠にある駐車場に車駐めて、そこから登るコースを案内して下さってるということですね。

 

きっとそこなら「幼児でも高齢者でも1時間あまりで山頂に立てる」訳ですね。

 

あ〜、早とちり。

 

大馬鹿野郎。

 

事前調査の時点で登山者失格ですな。

 

 

 

まっ、とにかく下山しましょうか。

 

 

 

 

遠くの加賀平野や日本海を眺めながら、下山開始。

 

 

 

 


やっぱ、928メートルの山てのは高いわ。

 

考えてみれば、よく歩いて登って来たもんだ。

 

 


下山も急勾配はかなり大変でありますが、登るよりはずっと楽。

 

たけちゃんは、又してもサッサと先を進んでいって

 

あっという間に姿が見えなくなりました。

 

 


私、ひとり山道を下る最中

 

ふと、初めて来た時にすれ違ったおじさんの姿を思い出していました。

 

 

 

 

 

おにぎり食べながら颯爽と歩いてたおじさん。

 

多分、私と同年代か少し上。

 

装備もしっかりしていたし、ゼイゼイなんかしてませんでしたよ。

 

きっと5時間かけて、この険しいルートを昇り降りして来たんでしょう。

 

よ〜し、今年は無理でも来年は、絶対あえてこのコースを制覇してやるぞー!

 

今にみておれ〜っ!!

 

 

 

 

 

 

 

下山が終わって、公園内のベンチでたけちゃんにおにぎり貰って食べた。

 

うまかった〜。おにぎり、物凄くうまかった。

 

 

 

たけちゃん、色々ありがとうございました。

 

来年、また一緒に来ようね。

 

 

 

て、ここでこの日の話は終わりなんだが・・・

 

実は続きが。

 

 

 

てのも

 

例の  奥獅子吼山 ー白山とそれに連なる山々を眺望することができますー 

 

とか  「加賀の里山逍遥」

 

とかをよくよく読んだり、グーグルマップを見てたりしたら

 

林道犀鶴線を利用すれば、往復3時間ほどで奥獅子吼山の頂上まで行って帰って来れそう。

 

て、分かって、分かったらいても立ってもいられなくて

 

この翌々日・・・(つまり昨日の話なんですが)

 

ちょうど午後から休みだし、天気もまぁまぁ良いので

 

ひとり抜け駆けして、山頂目指してレッツゴー!

 

してしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

林道犀鶴登り口までは、本当にすぐでした。院から20分かからないくらい。

 

 

 

が・・・

 

 

 

 

 

あ〜?通行止め?

 

本当か〜?

 

一応、行き止まりまで行きましたが、やっぱり行き止まりでした。

 

 

 

 

山は、厳しい〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お終い。

 

 

 

吉田 | - | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
樹木公園の奥 3

 

 

鶴来の樹木公園 の奥で見つけた

 

奥獅子吼山 の登山道を歩きたい。

 

て、話の3回目・・・

 

 

山頂にたどり着く前に時間切れとなってしまい

 

すごすご引き返した前回から数日後・・・

 

とっても天気が良い日がありましたよね。

 

その日、たまたま午後の予約が入ってなかったんで

 

昼になる前からスタンバッて樹木公園へ。

 

 

 

 

 

 

んで、たまたまこの日休みだった、たけちゃん(弟)と一緒に登ることになったのさ。

 

タケちゃんは、白山登山が15回以上、県内のあちこちの登山経験も豊富。

 

さらに、現役のマラソンランナーで、先回の金沢マラソンも完走されてる強者であります。

 

こりゃあ、頼りになるわ。

 

おにぎりも二つ拵えて持ってきてくれたし。

 

 

 

 

 

 

よっしゃ、よっしや。今回は絶対山頂まで行ってやるぜ〜。

 

飲み物も食べ物もちゃんとリュックに入れたし〜。

 

 

 

 

 

クマ鈴もちゃんと持ったし。

 

 

 

たけちゃんは、首からクマ笛をぶら下げました。

 

これで、安心だぜ〜。

 

 

 

 

それでは出発。レッツゴー!

 

 

 

 

と、たけちゃんを先導役に山頂目掛けて登りだしたのが12時頃でしたか。

 

私のクマ鈴がカラカラと鳴り

 

たけちゃんが時折ピーッとクマ鈴を吹き、あたりの静けさに響きます。

 

 

そい言えば、たけちゃんとは若い頃よく山や河原で遊んだな。

 

ハイキングしたり、キャンプしたり・・・

 

当時のアウトドアブームのハシリであったかも知れないな〜。

 

とか思いながら歩いてるうちに

 

前回来た辺りまでは、当然難なく通過しまして

 

ここから山頂までは、どの位なんかな〜。

 

山の上の方の木々を見る限り、まだまだ相当登らないといけないのかな〜。

 

なんて考えながら、さらなる高みへと足を運び続けるうち

 

私、だんだん息切れが・・・。

 

 

 

 

 

たけちゃんは、悪路もなんのその、平気でどんどん登っていきます。

 

 

 

 

 

あれ〜、たけちゃん待って〜。

 

そんなに早く行っちゃいや〜ん。

 

兄ちゃん、置いてかないで〜。

 

 

 

 

 

あれ〜、完全にたけちゃんに離されてしまった〜。

 

くそー、子供の頃は「兄ちゃ〜んっ。」て、後をついて来るから

 

いつも待っていてやったのに、薄情やわ〜。

 

 

かなり上の方でクマ笛がピーって鳴ってるわ。

 

急ぎたいけど、しんどいわ〜。

 

日頃の運動不足がたたってるわ〜。

 

あ〜、しんど。ぜい、ぜい。

 

 

しかし、この山道、マジ険しいわ。

 

上に来れば来るほど危ないとこだらけですわ。

 

奥獅子吼山 ー白山とそれに連なる山々を眺望することができますー

 

↑ここには確か幼児や高齢者でも登れるて書いてあったのに

 

絶対、幼児や高齢者には危険なんですけど。

 

 

 

 

 

写真では、分かりにくいんですが・・・

 

人一人がやっと通れる程の道のすぐ脇が断崖絶壁だったり

 

 

 

 

 

どこが道でどこが草むらか判別し難い道があったり

 

脇に生えてる笹や木の枝にでも捕まってないと転げ落ちそうな急勾配があったり

 

それよっか急で、山肌に取り付いて行かないと登れない場所があったりと

 

絶対、幼児や高齢者は命に危険あり!なんですけど。

 

 

てか、たけちゃんのクマ笛ももう聞こえないし、

 

もしかして、崖の下に転落してたりしたら、どうしよ〜。

 

心細いし、早くたけちゃんに追いつきたいけど

 

もう息切れはひどいし、足も運びにくくなってるし

 

少しづつ休まないと、登れなくなってるわ〜。

 

あ〜、しんど。

 

 

よく、ランナーの人が

 

「何十キロか走ると突然足が前へ出なくなって止まってしまう。」

 

なんて言うのを聞いたことがあるけど、これってそんな感じかな〜。

 

けど、ここで止まってしまったら男が廃る。

 

ゆっくりでも頑張って先へ進むぞ〜。

 

よいしょ、よいしょ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ボロボロんなって登山する60歳の爺さんが、一休みして見た隣の山の風景。

 

お〜っ。こんなに高い処まで登ったんか〜。

 

獅子吼高原が見える〜。遠くには、日本海も見える〜。

 

綺麗やわ〜。天気良くてよかったわ〜。

 

 

 

 

 

よし、ここまで来たからには、山頂はきっともうすぐであろう。

 

へばってないで、元気を出して登り続けなければ。

 

と、お茶を少し飲んで気を取り直し歩き始めたけど

 

う〜、やっぱ少しづつしか歩けない〜。

 

休みながらじゃないと先へ進めない〜。

 

でも、とにかくゆっくりでも先へ進むのじゃ〜。

 

よいしょ、よいしょ。

 

うんとこしょ、どっこいしょ。

 

 

と、歩くうち、勾配がなくなだらかな道が現れ始めた。

 

空が近くなった感じもするし、木々の茂りが薄くなり

 

どうやら山頂と思しき地点が見えて来た。

 

よっしゃ、あそこまでいけばきっと・・・

 

鬱蒼とした風景から解放され、きっと狭いながらも平らな場所

 

下界を見下ろすことが出来る清しい場所、山頂がある〜!

 

と、思って一気に山道を駆け上がって見たら・・・

 

 

あら〜、何これ?

 

 

ドンッ!って視野に広がったのが何と、道路。

 

綺麗に舗装された道路。(後で写真出て来るんで見てね)

 

これは、まだ山頂でねぇな。

 

何で、突然道路に出るん?あん?

 

 

 

その道路を渡りきった辺りに看板が見えた。

 

 

 

 

 

え〜っ、やっぱりまだ先があるんやぁ。山頂はまだなんやぁ。

 

 

 

 

 

登って来た山道側にはこの看板が立っていた。

 

 

う〜、まだ登らなんのかい。

 

もう、登るの嫌やわ〜。

 

坂は嫌やわ〜。

 

平たいところが恋しいわ〜。

 

と、思いながらこの道路を少しだけ降りて見たけど

 

コンクリートの道が山の下に向かってウネウネしてるばかりなり。

 

 

 

たけちゃんは、きっと上に行っとるな。

 

やっぱ、行かんなん。登らんなん。

 

と、折れそうになった心を奮い起たせ

 

もう一回登り出したけど・・・

 

そこの勾配ときたら、これまで以上に急なんであります。

 

山肌の岩や木に手足使って取り付いて

 

這い蹲るように登らないといけない。

 

 

オェ〜ッ。もう無理だわ。

 

いくら何でももう勘弁しろや。

 

あ〜、煙草吸いて〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

と、突然たけちゃんが現れた。

 

お、元気でいたか弟よ。

 

 

 

 

 

シゲちゃん、この上が山頂やけど行くの無理やわ。

 

途中、凄い泥濘があってさらに急勾配があつて

 

そこをなんとか行き過ぎたあたりに看板があったけど

 

「山頂まで1時間」て書いてあったわ。

 

と、ご報告いただきました。

 

 

 

え〜、まだ1時間登るんかい!

 

ところで、今何時?

 

え〜っ、もう2時半!では、登り始めて2時間以上経つんか〜。

 

 

 

ここから更に1時間かけて登って、山頂で一休みして

 

下山するのにもう1時間半かかるとしたら、帰れんくなるかも知れないしな〜。

 

今日は諦めた方がいいやろ。

 

と、ここで山岳隊隊長たけちゃんの判断が下ったでありました。

 

 

 

 

 

↑山を横切るコンクリートの道。

 

 

 

この話、次回に続く。

 

 

 

 

 

 

 

吉田 | - | 06:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
樹木公園の奥 2

 

鶴来の樹木公園 の奥で見つけた

 

奥獅子吼山 の登山道を歩きたい。

 

て、話の2回目となりますが・・・

 

 

 

この前の18日の日曜日、午前中の仕事を終えて

 

昼から、癒し処CCZで売り上げのチェックして

 

スタッフの技術講習を少しだけしてから

 

白山比弯声劼砲牢鵑蕕此⊆木公園に着いたのが3時頃でした。

 

 

 

 

 

んで、この登山道入口まで来てですね・・・

 

今回は、こっからいっちょ奥まで登ってみようと

 

ちゃんとブーツ履いてリュック背負って歩き出したのでした。

 

 

あっ、クマ鈴持ってくるの忘れた。

 

まっ、いいっか。

 

そうだ、歌でも唄お。口笛吹こ。

 

 

 

で、山道をグングン進んでみたのですが・・・・

 

 

 

 

 

登山道っていうだけあってなかなかに険しい道が続きます。

 

でも、先の奥獅子吼山情報には、幼児や高齢者でも登れるて書いてあったし

 

きっとそのうち頂上近くまで行けるだろう。

 

って思いながら登っていたのです。

 

 

 

が・・・

 

 

 

 

あん?

 

倒木に道を塞がれてたりもするし

 

その道が泥濘んで転びそうになったりもするし

 

そもそも道を道と認識しにく買ったりするし

 

本当に、幼児や高齢者でも登れるんか?

 

私が、とろいだけの話か?

 

いや〜、そうでねぇだろう。

 

ここ、結構きつわ。

 

 

 

金沢の 倉ヶ嶽 とか、白峰の 大嵐山 とか 、鷲走ヶ岳 とか

 

これまで行ったどの山道よりきついんですけど・・・

 

私が年取ったから?

 

いや〜、いや〜、幼児は無理やろ、幼児は〜。

 

 

と、思いながらも1時間は登ったな。

 

つうことは、もう頂上付近にいるはずなんだけどな。

 

もうしばらく登れば頂上なのかな?

 

でも、早く帰らないと樹木公園の5時の閉門に間に合わないぞ。

 

うーむ、ここは残念だけど頂上に出たらやっぱりゆっくりしたいんで

 

それは次回のお楽しみすることにして、とりあえず帰ろ。

 

 

ということで途中で引き返したのでした。

 

 

 

 

んで、樹木公園内で、またも遭遇!

 

 

 

 

あっ、この前の日本カモシカや!

 

 

 

 

 

 

そうです。実は、前回来た時も目の前を横切ってたりした、あいつです。

 

今回は、単独行動のよう。

 

 

人馴れしているのか、近寄っても逃げたりしません。

 

じっと、こちらを見ているのでした。

 

 

 

 

 

なんか、話しかけられてるんか?

 

くらいの親近感を覚えてしまいました。

 

 

 

 

まっ、今回は山頂まで行けなかったけど、カモシカに会えたから良しとする良しとするか〜。

 

だが、冬が本格化する前には必ず山頂行かないとな。

 

と、心に誓いながら帰ったとさ。

 

 

 

この話、次回に続く。

 

 

 

 

 

 

※ 文中、「加賀の里山逍遥」様のサイトを勝手にリンクさせて頂いております。問題があったら教えてね。

 

 

吉田 | - | 13:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
バブアーをリプルーフ♪

 

 

 

 

いよいよ本格的な冬が近づいて来ました。

 

朝晩は、めっきり冷え込んで寒いな〜。

 

焼酎のお湯わりが、うまいな〜。

 

という訳で、防寒対策。

 

 

数年ぶりで、バブアー を リプルーフしました。

 

 

 

 

7年前に買ったビューフォート。

 

これは、今回初めてリプルーフ。

 

 

 

 

 

 

 

33年前に買った、愛着のビューフォート。

 

これ、リプルーフするの何回め?

 

袖口やサイドポケット周辺の綻びも手縫い糸で修繕。

 

絶対、死ぬまで着てやるぞ。

 

死んだら棺に入れて欲しいくらい。

 

 

 

 

 

 

 

4年ほど前に、中古で買ったバーリーコート

 

これは、さすがに作業が大変であった。

 

乗馬用で丈が長いのなんの。

 

 

 

 

実は、私は、バブアー社推奨のリプルーフ方法とちょっと違った手を使っている。

 

オイルは、ほとんど手で塗り込んでる。

 

手は整体士の命。中国3千年の歴史を持つ手技がここでも活かされる。

 

その分、時間かかりますが、まぁ、作業が楽しい。

 

 

今回、3着を数日かけてリプルーフしましたが

 

いや、お店暇ですから。ハハ・・・;

 

 

 

 

 

 

 

 

釣りも狩り乗馬もしないけど・・・

 

バブアー大好き。

 

愛してる♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉田 | - | 09:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
10月の太一&康太 2

 

昨日の続き・・・

 

 

10月に10日ばかり帰省していた娘と太一&康太を

 

富士宮へと送って行く途中

 

高山市の平湯温泉で一泊して来ました。

 

 

 

 

 

平湯温泉平田館 さんで夕飯。

 

飛騨牛がやっぱ美味かった。

 

宿のご主人始め従業員の方々がとても優しかったし、お湯も良かったわ〜。

 

 

 

 

 

食事の時、康太くんのベビーチェアもちゃんと用意してあった。

 

 

 

 

 

太一くんも大満足。

 

 

夜も静かで、ぐっすり眠れました。

 

 

 

 

 

 

平湯からだと、富士宮まで3時間ちょっと。

 

朝9時頃に宿を出たので、お昼を山梨の旧上九一色村にある 丸久食堂 さんで食べました。

 

朝霧高原のすぐ間近にある、のどかな食堂です。

 

 

 

 

 

 

 

ここの、ホルモン定食美味いんです。

 

ご飯とビールにピッタリ。ボリューム満点。

 

 

 

 

 

 

広い座敷があって、ちょうど昼時を少し過ぎた頃で誰もいないんで

 

康太君は、その座敷をつかまり立ちしてウロウロしてました。

 

 

 

 

 

あ〜、美味かった。

 

 

 

 

 

お店の前は、絶景!

 

富士山がとてもとても綺麗に見えます。晴れてて良かった。

 

 

 

 

 

 

バンザ〜イ、バンザ〜イ。

 

 

 

今回は、富士宮にいる間中、富士山が見えました。

 

9月に来た時はほとんど見えなかったけどね。

 

 

 

 

 

翌日、あかねファームで、さつまいもと人参を少しばかり収穫しました。

 

 

 

 

富士山が雲の上に頭を出している様子が見えます。

 

 

 

 

 

 

太一君は、サツマイモを頑張って収穫しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三輪車の荷台に今日の収穫物をエッサエッサ積んで帰りましたとさ。

 

獲れたての人参をサッと洗ってそのままボリボリ食べたら甘かった〜。美味かった〜。

 

 

 

 

 

夜は、イタル君家族と小池家の皆とでBBQをしました。

 

 

 

 

 

 

楽しかった〜。

 

 

 

 

 

焚き火して、幸せやった〜。

 

 

 

 

また、富士宮に行きて〜。

 

生きてくために一番必要なものが全てある。

 

綺麗な水と空気と土と生き物たち。

 

行くたんびに心身が浄化される気がする。

 

 

 

 

 

 

お〜、いつでも来いや。

 

 

みなさん、ありがと〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉田 | - | 14:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
10月の太一&康太

 

11月も残り10日を数える頃となりましたが・・・

 

10月は、帰省した娘と太一&康太といっぱい遊びました。

 

ので、まとめて写真アップ。

 

爺馬鹿炸裂!

 

 

 

 

 

 

 

 

癒し処CCZ でスタッフのお姉さんと太一。

 

 

 

 

 

 

 

 


鶴来の樹木公園にて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


樹木公園2回目。

 

 

 

 

婆ちゃんとグッキも連れてやって来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


加賀市の荒木農園さんにて。

 

 

 

 

 

 

 

太一は、大好きなブドウをいっぱい試食した。

 

 

 

 

 

ボクにも食わせろ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近所のお寺さんの報恩講、たい焼き屋さんの前で。

 

 

 

 

 

 

実家にて。

 

 

 

 

オ〜ス!

 

 

 

 

爺ちゃんになりきり。

 

 

 

 

この他にもあちこち遊びに行きましたが

 

写真撮ってねぇし。

 

とりあえず、こんだけ。

 

 

 

 

 

 

 

イェイ、イェーイ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉田 | - | 15:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1/152PAGES | >> |