12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< とにかく何でも売る奴ら | top | とにかく何でも売る奴ら 3 >>
とにかく何でも売る奴ら 2

 

昨日の記事で、モノ・カネ・ヒトをはじめ

 

なんでもかんでも売買したがる困った事態についての

 

新聞のコラムを紹介しましたが・・・

 

 

 

その問題に鋭く突っ込んでるドキュメンタリー映画を見つけました。

 

FLOW For Love of Water


フロウ〜水が大企業に独占される!〜松嶋 X 町山 未公開映画を観るTV

 

っていう番組内で全編観る事が出来ます。

 

 

 

 

 

全編

 

 

 

 

後編

 

 

 

 

内容を要約すると・・・

 

 

水を商品化して利益を独占する世界銀行と巨大企業の実態。

 

その結果として起きた水質汚染や水不足、地域に暮らす人々の貧困化の問題。

 

ダム建設が企業にもたらす膨大な利益構造と、その被害の実態。

 

水ビジネスによる環境や生態系への悪影響。

 

そのビジネスを支持し続ける司法=国家。

 

それらに抵抗しようと世界中に広がる市民運動。

 

等。

 

 

 

太陽が誰のものかを考えたりしないのと同じように

 

水は地球に住むもの全ての共有財産であり

 

私物化して売買すべきものではないはずだ。

 

という事を訴えている作品です。

 

 


これ観たら、ペットボトルに入れて売ってる

 

”自称”ミネラルウォーターを買うのがアホらしくなりました。

 


水は売り物ではない。

 

水は天の恵みです。

 

 

そのことが分からない、独り占めの大好きな彼等はそのうち

 

空や空気や太陽も売り物にしようとしてしまうんでないかい。

 

 

そういやぁ、やつら、昨日もでっかい爆弾を何処かのトンネルに落としていたな〜。

 

ったく、嫌んなるぜ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉田 | - | 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment









Trackback
URL: