12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< バブアーをリプルーフ♪ | top | 樹木公園の奥 3 >>
樹木公園の奥 2

 

鶴来の樹木公園 の奥で見つけた

 

奥獅子吼山 の登山道を歩きたい。

 

て、話の2回目となりますが・・・

 

 

 

この前の18日の日曜日、午前中の仕事を終えて

 

昼から、癒し処CCZで売り上げのチェックして

 

スタッフの技術講習を少しだけしてから

 

白山比弯声劼砲牢鵑蕕此⊆木公園に着いたのが3時頃でした。

 

 

 

 

 

んで、この登山道入口まで来てですね・・・

 

今回は、こっからいっちょ奥まで登ってみようと

 

ちゃんとブーツ履いてリュック背負って歩き出したのでした。

 

 

あっ、クマ鈴持ってくるの忘れた。

 

まっ、いいっか。

 

そうだ、歌でも唄お。口笛吹こ。

 

 

 

で、山道をグングン進んでみたのですが・・・・

 

 

 

 

 

登山道っていうだけあってなかなかに険しい道が続きます。

 

でも、先の奥獅子吼山情報には、幼児や高齢者でも登れるて書いてあったし

 

きっとそのうち頂上近くまで行けるだろう。

 

って思いながら登っていたのです。

 

 

 

が・・・

 

 

 

 

あん?

 

倒木に道を塞がれてたりもするし

 

その道が泥濘んで転びそうになったりもするし

 

そもそも道を道と認識しにく買ったりするし

 

本当に、幼児や高齢者でも登れるんか?

 

私が、とろいだけの話か?

 

いや〜、そうでねぇだろう。

 

ここ、結構きつわ。

 

 

 

金沢の 倉ヶ嶽 とか、白峰の 大嵐山 とか 、鷲走ヶ岳 とか

 

これまで行ったどの山道よりきついんですけど・・・

 

私が年取ったから?

 

いや〜、いや〜、幼児は無理やろ、幼児は〜。

 

 

と、思いながらも1時間は登ったな。

 

つうことは、もう頂上付近にいるはずなんだけどな。

 

もうしばらく登れば頂上なのかな?

 

でも、早く帰らないと樹木公園の5時の閉門に間に合わないぞ。

 

うーむ、ここは残念だけど頂上に出たらやっぱりゆっくりしたいんで

 

それは次回のお楽しみすることにして、とりあえず帰ろ。

 

 

ということで途中で引き返したのでした。

 

 

 

 

んで、樹木公園内で、またも遭遇!

 

 

 

 

あっ、この前の日本カモシカや!

 

 

 

 

 

 

そうです。実は、前回来た時も目の前を横切ってたりした、あいつです。

 

今回は、単独行動のよう。

 

 

人馴れしているのか、近寄っても逃げたりしません。

 

じっと、こちらを見ているのでした。

 

 

 

 

 

なんか、話しかけられてるんか?

 

くらいの親近感を覚えてしまいました。

 

 

 

 

まっ、今回は山頂まで行けなかったけど、カモシカに会えたから良しとする良しとするか〜。

 

だが、冬が本格化する前には必ず山頂行かないとな。

 

と、心に誓いながら帰ったとさ。

 

 

 

この話、次回に続く。

 

 

 

 

 

 

※ 文中、「加賀の里山逍遥」様のサイトを勝手にリンクさせて頂いております。問題があったら教えてね。

 

 

吉田 | - | 13:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment









Trackback
URL: