11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< ことねちゃん♪ | top | 驚きの鑑定結果! >>
お宝鑑定

 

 

 

 

今年の2月に母・光子が亡くなって以来


実家で一人暮らしを続けているのでありますが・・・

 

 

来月からその実家をリフォームすることが決定。


工事が終わり次第、嫁と息子と3人暮らしをする運びとなっております。

 

んで、現在リフォームのために実家を整理整頓中。


この際思い切って、亡き祖母・父・母の遺品整理をすることにしました。

 

 

お盆の間も、帰省していた娘や嫁に手伝ってもらい

 

要らないものを随分処分しましたが


まっ、どうしてこんなに要らないものを残していってくれたのか

 

ホトホト困り果てるほどの量。


捨てるには惜しいと思しき品々もあるし、自分たちだけでは手に負えないので


母が亡くなった時、遺品整理や引越しのサポートもしますとハガキで案内をくれた


野々市市にあるリサイクルショップさんに相談してみることにしました。

 

 

ネットで下調べをしたところ、着物・レコード・楽器・美術品・一部の食器家具類などに


値のつくものがあるということだったので、それらを見て貰い


廃棄処分の費用も重ねて見積もりをお願いすることにしたのでした。

 

 

星稜vs履正社の決勝戦が行われた木曜日の午後。


リサイクルショップのご主人に出向いて頂きました。

 

 

このご主人、面白い人やったわ〜。

 

先ずは、事情を話してから家の中をあちこち見てもらったんですが・・・


旦那さん、音楽を演ってらっしゃるんですか〜?


と、使用中のギターやアンプを見て問うてくる。


あとで聞いたら、私の4歳上のこのご主人も昔ギターを弾いてたらしく


遠藤賢司とか加川良とかが好きだったらしい。


かぐや姫とかアリスとかだったら嫌だったし


高石ともやとか岡林信康だったらなんかめんどくせーと思ってしまうんだけど


遠藤賢司と加川良は心に刺さるわ〜。

 

 

んで、ご主人はさすがに勝手知ったる他人の家で


玄関や床の間や居間に無造作に置いてあった

 

壺とか花瓶とか香炉とかを手にとって


これの箱はありませんか〜?と問うので


奥の和室の戸棚などを案内すると・・・


お〜、これがあれの箱です、これはそれの蓋です。


とかって、無造作に置かれてた品々を手際よく整理して


箱に収め、床に並べササッと分類していく。


これらは、作家さんの壺や花瓶なので値が着くんですよ〜。


ただし、箱がないといけないんですよ〜。


こんなのもっとありませんかね〜?


あ〜、この蓋も作家さんの香炉の蓋ですよ。

 

この本体と箱がどこかにありませんかね〜?

 

 

作業をする姿が実に手馴れていて、見ていて楽しい。


てか、掘り出し物を探そうとするその姿が実に楽しそう。


家の中で山菜採りをしているよう。


松茸見つけたー!みたい感じ。

 


けど、根っからの古物好きと見え、ビジネスライクではなさそう。


というのも・・・

 

これは旦那さん大変良いものですからご自分で持ってた方がいいですよー。とか


こういう絵はそのうち作家さんの名前が上がりますから


それまで大切に置いといてください。とかちゃんとアドバイスしてくれる。

 

 

さらに、目利きの方法を教えてくれる。


着物の良し悪しっていうのは、肌で触割ることで分かるんですよ。


これなんか、触るとスベスベしてるでしょ。

 

そして、冷たい感じがするんですが


しばらく触り続けているとじわ〜っと温かみが伝わってくる。


これは、良い絹で織られてる証拠なんですよ〜。

 

 

何でも安くて便利で使いやすいように作られたものばっかの世の中になりましたが


古くて不便で使い勝手が悪くても

 

良いものというのは心に伝わる何かがあるんですよね〜。


物に対する愛着とかいうことを今の若い人はわかってないんじゃないですかね〜。


私なんか、国鉄の荷物預かり所でバイトして初めて買ったヤマハのギターは

 

今でも大切に持ってますよ。


みたいなことを嬉々と話す。

 

このご主人といたら高校野球のことを忘れて時が経っていました。

 

 

 

まっ、2時間弱のことではありましたが


一応、見積もりと引き取りの準備段階完了。


結果として以下のことが決定!

 

 

1:奥の和室に並べた壺や花瓶、香炉などの他値段がつきそうな美術品は

      写真に撮って帰りもう一度しっかり鑑定の上後日金額を支払う。


2:母が集めた人形・雛人形・五月人形などは

    「首がついた物は売れない」らしく引き取りしない。


3:着物・レコードの他、値がつかないような装飾品や食器類等

     は無償で引き取って貰う。


4:来週の木曜日に支払いをして、全品引き取って貰う。


5:そのほかは、家庭用ゴミとしてせっせと自分で捨てた方が費用がかからなくて良い。


6:でっかい家具とかは、大工さんのトラックに積んでゴミ処理センターへ持っていく。

 

 

という訳で、来週の鑑定結果がとても愉しみです。


本人の評価額を大きく上回る驚きの鑑定結果が出ないかな〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


                                                                                     

吉田 | - | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment









Trackback
URL: